三河港振興会からのお知らせ

7月24日 国土交通省中部地方整備局に『国際自動車戦略港湾・三河港の事業に関する要望書』を提出しました。

2017年08月09日

7月24日、中部地方整備局丸の内庁舎において『国際自動車戦略港湾・三河港の事業に関する要望書』を国土交通省中部地方整備局に対し提出しました。
 今回の活動では、「港湾物流機能の強化」「港湾施設や臨海部の防災・減災機能の強化」「クルーズ船誘致に係る支援」の3点を重点要望事項として求めるとともに、神野、明海、御津、蒲郡、田原のそれぞれの地区の要望も行いました。
 今回の要望に対し、国土交通省中部地方整備局からは、「厳しい財政状況であるが、三河港の港湾施設やアクセス道路の整備とともに高潮対策等、ハード・ソフト両面での整備をすすめる。クルーズ船の誘致については、港湾法の改正を行ってクルーズ船が入港しやすいような整備をすすめ、全国の様々な動きを集約して皆さんにお伝えするような仕組みを作ったうえで、その情報提供させていただきたい。」という回答をいただきました。
 三河港振興会では、三河港の整備が一層進むよう、今年度も地域と利用者の皆様の声を関係機関に対し届けてまいります。

要望会の様子

佐原会長による要望事項説明

守屋副局長(中部地方整備局)によるご挨拶


関連ホームページ
  • 関連ホームページの登録はありません
関連資料
  • 関連資料はありません

直前のページへ戻る