蒲郡地区

海洋レジャー(蒲郡地区)

蒲郡駅と海岸は、300mと近接しており、こうした立地条件を生かした「ポートルネッサンス21計画」を始め、海洋性レジャー地域を形成し、「海のまちづくり」を進めています。 市内にはハーバー・マリーナが点在し、東海地区最大のエリカカップヨットレースの他多くの大会が行われ、全国でも屈指のマリンスポットで、生命の海科学館・水族館・マリンセンターハウス等の施設もあります。 また、優れた景観や長い海岸線、背後地には三谷、竹島、形原、西浦の4つの温泉地を有しています。

マリーナ施設名 収容能力(隻)
豊田自動織機海陽
ヨットハーバー(海陽町)
700
蒲郡市民マリーン広場(三谷町) 96
西浦シーサイドマリーナ(西浦町) 100
名鉄西浦マリーナ(西浦町) 100
西浦ヨットハーバー(西浦町) 150
犬飼PBS(竹谷町) 112
豊田マリン(三谷町) 80
ラグナマリーナ(海陽町) 350
形原漁港特別区(形原町) 100
三谷漁港特別区(三谷町) 129
東港特別区(松原町) 49

バリアフリーポンツーン

国内初のバリアフリーポンツーン「マンボウ」が竹島緑地前に完成。(H14.3) 岸と浮き桟橋をつなぐ連絡橋スロープに工夫を凝らし、傾斜を緩やかにした滑り止め舗装、桟橋部には障害者の乗降に便利なリフターの設置等数々の工夫が施されています。 幅5m、長さ24mの浮き桟橋には3隻のヨット、モーターボートが係留できます。

みなとオアシスがまごおり

「海のまちづくり」を推進するために、平成18年度に竹島埠頭にてNPOによるヨット乗船体験や、港湾に関係する方々による「海を知ろう」イベントの開催など「みなとまちづくり」に向けた社会実験を実施しました。 これらの活動が評価され、平成19年度4月に中部地方で初となる「みなとオアシス」の認定を受けることができました。

『みなとオアシス制度』

国土交通省中部地方整備局において、みなとを核とした住民参加型の地域活性化に資する取り組み及び取り組まれる施設や地区を認定し、賑わいを創出する制度です。

みなとオアシスのサービス

  • 基本サービス ・・・ 交流スペース、トイレ、駐車場
  • 付加サービス ・・・ マリンレジャー体験、イベント
  • ネットワーク ・・・ 他オアシスとの連携